大阪市阿倍野区(天王寺) 徳永紀子バレエスクール(バレエ教室)

ブログ&ニュース
2019/02/15

ローザンヌ国際バレエコンクール…Vol.2

Prix de Lausanne の続きです。

ローザンヌコンクールは1週間続きます。毎日ステージやリハーサル室でレッスンがあります。

クラッシクのレッスン審査、コンテンポラリーのレッスン審査、バリエーションのコーチング、コンテンポラリーのコーチングのメニューで4日間に渡りスケジュールが緻密に部門ごとに組まれていて、毎日緊張の連続。毎日体力の維持と回復をさせないといざ本番の日には疲れ切ってしまいます。さすがにみんな若いので回復は早いです。IMG_2344

レッスン審査なのでレッスンを審査員が見て評価してくださいます。本番の舞台ももちろん評価があるのだけど、皆さんが言うには本番の出来はさほど影響ないとか...優の場合はどうでしょうか…?クラッシクレッスンもコンテレッスンも、ちょくちょく間違えて目立っていました(-_-;)。ただ、いつもニコニコ笑っていて好印象ではあったかな・・・(;・∀・)出来ないことがあっても凹む様子を見せず、終始元気にやり切りました。実は本人は超焦っているのですが…(◎_◎;)コンテレッスンでは圧倒的に経験不足でした...(*´Д`)…が、優の必殺技を出し、審査員を驚かせたとか・・・(笑)

IMG_2580

 

Smile Boyなんて言われたりして、観客のおばさま方には人気があって、バレエが大好きなんだということが、伝わっていたようでした。体力も気力で持たせ、なんとか過酷な4日間を終え、5日目はやっとセミファイナルの本番。

IMG_2366

クラッシクバリエーションもコンテバリエーションも大きなミスなく、気持ちよく、悔いなく踊れました。

もう充分よくやったからそれ以上の欲はなくて...

ファイナルへ進む発表の時には、明日もう一度踊りたい‼‼‼と思ったはずです。その強い願いが叶い、ファイナル進むことができました!!!

続きは次回に...。

 

 

 

最新記事

一覧にもどる